MENU

CLOSE

あれ、意外に何とかなる?自己破産前に知っておきたいあれこれ

あれ、意外に何とかなる?自己破産前に知っておきたいあれこれ

1050views

カテゴリ:未分類

自己破産はメリットもデメリットも大きな制度です

自己破産は債務をすべて帳消しにできる

債務整理の中でも最も強い効力を持つ自己破産ですが、他の債務整理との違いは債務をすべて帳消しにできることです。債務整理は払いきれなくなった借金を弁護士と相談しながら払える形にするものですが、自己破産は逆にどうやっても借金を払うことができないと証明することが求められます。

そして、借金が払えないと認められたら債務の免責が許可されます。よって、自己破産が終わった人はもう借金返済に悩む必要がありません。逆に、他の債務整理の場合は債務整理が終わってから再び借金返済が始まります。

自己破産は財産差し押さえ。10年間ブラックリストに掲載される

自己破産は債務整理の中でも最後の手段と考えられていて、その効力の強さからデメリットも大きいです。例えば自己破産の費用は書類作成が必要なので40万円ほどしますし、自己破産中は警察官や士業など特定の職種につけなくなります。また、財産が十分にある人は家や車も含め差し押さえられてしまいます。債務を帳消しにするからこそ可能な限り債権者にお金が返ってくるようにするのです。

そして、自己破産をした人はブラックリストに10年間掲載されます。ブラックリストとは民間の信用情報会社が記録しているものですが、金融会社の多くがこれを確認しています。つまり自己破産という記録が残った人にはまずお金を貸さないようになります。そのため、10年間は大きな買い物をするよりも地道に貯金をすることに専念します。

自己破産は「鬼のような制度だ」と勘違いしていませんか?

本当にすべて差し押さえられるわけではない

よく、自己破産は財産を例外なく差し押さえられる制度だと誤解されます。確かに自己破産は個人再生のように仕事に必要というだけで財産が守られるわけではありません。しかし、自己破産について調べてみるとその多くが差し押さえられる財産がないとみなされる「同時廃止」であることが分かります。これは自己破産者がすっからかんの状態というだけでなく、最低限の財産が守られていることも理由です。

まず、現金は99万円まで手元に残すことができます。また食料や衣類、電化製品なども必要最低限のものは残すことができます。他にも失っては生活できないものはさすがに差し押さえ禁止財産として決められています。自己破産の目的は債務の帳消しと債務者の再スタートなわけですから、根こそぎ奪い取っては趣旨に反します。ちなみに、自己破産は免責許可が出たらそこで終了です。よって給与が差し押さえられる心配もありません。

他人にばれることもない

また、自己破産をしたら他人にばれるかもしれないという心配もありません。自己破産の事実を知るのは債務者と弁護士、そして債務者の配偶者くらいです。これは配偶者の資料も一部必要とするからで、独身の場合は誰にもばれずに自己破産ができます。

たしかに、官報は発行されますが読んでいる人を見たことがないはずです。つまりそのくらいの需要しかない機関紙です。逆に言えば誰かの需要はあるのです。官報を読んでいる人と言えば、闇金です。特に自己破産者は7年間は自己破産できないため闇金の獲物として狙われやすいです。たとえダイレクトメールや電話が来ても強い心で断ってください。

過払金が返ってくることもある

通常は、自己破産の前に不当に支払った利息も引き直します。その結果自己破産がいらなくなることもありますが、もし過払金がそのままで自己破産が終わってしまった場合はどうなるのでしょうか?実は自己破産後でも過払い金を取り返すことができます。

その理由は過払い金を金融業者が持ったままだと債権者の公正が損なわれるからです。また、取引履歴の開示や利息の引き直しに協力的でなかったことも取り返せる理由として考えられます。ただし、判例によって返してもらえたりそうでなかったりします。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事